消費増税にともなう通勤定期券代の更新

消費増税にともなう通勤定期券代の更新


学校プロフィール

首都圏、私立、総合大学、学生数約20,000人

業務内容

全教職員の通勤ルートと定期券代を人事システムで管理している。
2019年10月の消費税増税にともない全員の定期券代を取得して、新しい定期券代を人事システムに登録(更新)する。

業務タイプ

アプリ操作
情報収集
転記・登録

実施頻度

年1回

業務上の問題点

専任と非常勤合わせて1,800名分の通勤ルートデータがあり、Webサイトで検索して定期代を確認する作業は時間がかかる。また、短期間で人事システムへ更新を1件ずつ行う必要があるため、手作業には限界がある。なお、登録している駅名(停留所名)に誤りがないか、事前にRPAを実行して確認しておくことで、10月1日の検索時のエラーを極力なくす工夫をしている。

自動化で期待される効果

経路検索作業 ↓
システム更新作業 ↓

シナリオ設計(フロー図)

この記事のライター

株式会社エデュース コンサルティング部
学校専門のコンサルタントとして経営改善、業務改革のプロジェクト等に従事。
全国の学校に対してRPAを利用した業務改善を行っている。

関連する投稿


最新の投稿




【インタビュー】新潟大学様 WinActor®導入事例紹介

【インタビュー】新潟大学様 WinActor®導入事例紹介

業務の効率化を目指し、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール「WinActor®」を導入、現在全学的な活用に向けて取り組まれている新潟大学様に、これまでの経緯と今後の展望についてインタビューをさせていただきました。