月次資料の文字修正

月次資料の文字修正


学校プロフィール

首都圏、私立、総合大学、学生数約10,000人規模

業務内容

毎月の会議の資料をシステム上からExcel形式で出力した後、経理課にて文字修正を行って印刷をする。

業務タイプ

アプリ操作
データ集計

実施頻度

毎月、適時

業務上の問題点

システムから元となる帳票がExcelデータで出力されるが、そのまま使うことができなく一部学内向けの調整を行う必要がある。単純な作業だが何種類もあるため、毎月の準備に2時間程度かかっている。

自動化で期待される効果

修正作業・印刷出力時間 2時間→20分に短縮
資料作りにかかっていた時間が減少し、他の会議準備や事前準備に注力ができる

この記事のライター

株式会社エデュース コンサルティング部
学校専門のコンサルタントとして経営改善、業務改革のプロジェクト等に従事。
全国の学校に対してRPAを利用した業務改善を行っている。

最新の投稿




【インタビュー】新潟大学様 WinActor®導入事例紹介

【インタビュー】新潟大学様 WinActor®導入事例紹介

業務の効率化を目指し、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール「WinActor®」を導入、現在全学的な活用に向けて取り組まれている新潟大学様に、これまでの経緯と今後の展望についてインタビューをさせていただきました。