毎年確認が必要になる、学則・規定のチェック

毎年確認が必要になる、学則・規定のチェック


学校プロフィール

首都圏、私立、文系大学、学生数約6,000人

業務内容

学則や学内規定・規則をまとめている資料について、毎年の体制変更や法改正に伴い様々な項目を変更する作業が発生している。総務部が主幹部署となりWordで管理をしている。

業務タイプ

データチェック

実施頻度

毎年

業務上の問題点

複数部署への確認依頼が手間になっている。 また、各部署から確認後フィードバックがあった時に、文字の体裁(フォント、大きさ)や行間の設定などが崩れてしまい、 前文章を確認する作業が発生し手間を要している。

自動化で期待される効果

変更箇所確認時間↓

この記事のライター

株式会社エデュース コンサルティング部
学校専門のコンサルタントとして経営改善、業務改革のプロジェクト等に従事。
全国の学校に対してRPAを利用した業務改善を行っている。

最新の投稿




【インタビュー】新潟大学様 WinActor®導入事例紹介

【インタビュー】新潟大学様 WinActor®導入事例紹介

業務の効率化を目指し、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール「WinActor®」を導入、現在全学的な活用に向けて取り組まれている新潟大学様に、これまでの経緯と今後の展望についてインタビューをさせていただきました。